プロテインの種類 大豆プロテイン(ソイプロテイン)

大豆プロテイン(大豆は英語でSOYなのでソイプロテインともいう)は大豆そのものを精製し、糖質や大豆特有の脂肪分を極力排除して、タンパク質の比率を高めて粉末にしたものです。

今から数十年前、日本でのプロテインの走りはこの大豆プロテインでした。当時のプロテインはそれこそ大豆の粉末というレベルで、「バニラ味」とされていた味もほとんど感じることができず、牛乳に溶かして息を止めて飲む、というレベルのものでした。

現在は大豆プロテインでも、飲みやすいフレーバーのものが一般的となっています。昔のことを知っている人には本当に隔世の感がありますね。

ただ、現在の粉末もホエイプロテインに比べると少し溶けにくいかと思います。消化吸収速度も比較的ゆっくりめなので、腹持ちが良く、ダイエットにも向いているとされています。

また、大豆には微量成分として含まれる、大豆イソフラボンが大変注目されています。

大豆イソフラボンの化学構造は女性ホルモンのエストロゲンに酷似しているため、女性ホルモンのような作用もあるとされています。

ですから、男性ホルモンが筋肉の発達に極めて重要とされている、特にボディビルダーなどは大豆プロテインを避ける傾向にあります。

しかしながら、大豆イソフラボンには女性ホルモンを助ける作用(エストロゲン作用)と、女性ホルモンの分泌量を抑える作用(抗エストロゲン作用)の両方があることが分かっています。

どちらかが、優勢に、または過剰に分泌されようとするとそれを抑える作用で、元々女性ホルモンにはそのような性質があることが分かっています。

大豆イソフラボンには、お肌の老化防止や美肌効果もあるといわれいますので、大豆プロテインは女性向きのプロテインかも知れませんね。

モムチャンプロテイン
モムチャンプロテインでプロテイン生活を!

プロテインの種類 ホエイプロテイン

一口にプロテインといっても、実は製造されるときの原材料によって、さまざまな種類があります。
ざっといいますと、一番ポピュラーなホエイプロテイン、カゼインプロテイン、エッグプロテイン、ビーフプロテイン、大豆プロテイン(ソイプロテイン)などです。

今回はホエイプロテインについてわかりやすく説明いたします。
ホエイプロテインは、牛乳から精製されます。

少し日にちの経過したヨーグルトの上澄みにできる透明な液体のことをホエイ(乳清)といいます。
なのでこれは気持ち悪がらずにちゃんとヨーグルトと混ぜてしまって食べないと、もったいないですよね。

このホエイから精製されるのがホエイプロテイン、そして熱を与えると凝固する成分から精製されるのがカゼインです。

ホエイプロテインには筋肉成分のもとであるアミノ酸が多く含まれており、筋肉の修復効果や、筋肉の強化、そしてダイエットの効果も期待されています。もちろん女性でも安心して摂取していただけます。

ホエイプロテインは大豆などのプロテインに比べて体内への吸収速度が早く、胃腸にもたれにくいという特徴があります。

ですから筋力トレーニングで損傷した筋繊維を即座に修復させるためにも、トレーニングの直後に摂取するのが効果的です。

逆にカゼインプロテインは吸収速度が大変ゆっくりなので、腹持ちがよく、就寝前などに飲むとよいとされています。

ホエイプロテインは筋力トレーニングだけではなく、トライアスロンやマラソンなどの持久系スポーツ、各種の格闘技や体格の大きな選手や体力のある選手のほうが有利なスポーツ(ラグビーやアメフト、野球)など強い身体を作りたい方に適しています。

また、ホエイにはビタミンやミネラルも含まれていますので、女性に嬉しい一食置き換えダイエットなど、シェイプアップしたい方にも最適です。

プロテイン生活にはホエイプロテインですね。

モムチャンプロテイン
モムチャンプロテインは100%ホエイからできています。

プロテインって何?

プロテインと聞くと、なにかいけないクスリだとか、飲むだけでとってもムキムキのマッチョになるとか、そんなイメージを持たれている方がいるかと思います。

まずプロテインという言葉ですが、単純に「タンパク質」の英単語ですね。それをタンパク質を手軽に補給するサプリメント(栄養補助食品)として、「プロテイン」とか「プロテイン・パウダー」などと呼んでいます。

タンパク質は肉や魚、大豆などの食材から摂る必要がありますが、プロテインは調理の手間もなく、必要十分な量のタンパク質を効率よくリーズナブルに摂れるようにしてくれたものです。

ですから飲むだけで、運動やトレーニングもしないのにマッチョになるとかはあり得ません。それどころか通常の食事にプラスしてプロテインを飲み、運動量が少なければカロリーオーバーになり、ただ太ってしまう恐れもあります。

ボディビルダーなどしっかり筋力トレーニングをする人は、体重1Kgあたり2g程度のタンパク質を1日で摂る必要があるといわれています。ムキムキマッチョを目指す人は参考までに。

また、食事を例えば1食をプロテインに置き換えれば、いわゆるプロテインダイエットとして、女性にも手軽に行なえるダイエット方法になります。

さらに適度な運動を加えると引き締まった美ボディを手にすることも決して夢ではありません。

まずは習慣としてのプロテイン生活を始めましょう。


モムチャンプロテイン